宝くじにもらった結婚式

ビル

僕はもう結婚して2年目になります。
結婚のきっかけは彼女のお腹に赤ちゃんが出来たことでした。
正直嬉しかったです。
自分がお父さんになるなんて。
最初は本当に手探りで子育てをはじめたのでおむつ交換やミルクなどすごく忙しかったことを覚えています。
今じゃ子供も「パパ」「ママ」と呼んでくれるぐらいに大きくなり一安心しています。
実は、僕たちはまだ結婚式を挙げていません。
ひと段落がしてからと考えていたからです。
女性にとっては結婚式は特別なものですし、なんとか挙げてあげたいのです。
でも、実際のところ資金がまったくありません。
僕は物は試しにと、宝くじに賭けることにしました。
いつもなら賭けごとなんてやらないのですが、いまなら当たる気がしています。
妻にはいろいろ日ごろからお世話になっているので、当たったらプレゼントもしたいな。
宝くじよ、僕に結婚資金を当てさせてくれ。

昭島の板金塗装のプロ集団

ビジネス文書を手軽に電子化

安心してテレマーケティングをまかせられる会社
経験豊富なオペレーターが明確化した目標に対して最大限取り組むので安心して業務をまかせられます。

私たちは最新のフェライト磁石・プラスチックマグネットをご提供しています
最新商品をご覧になりたい方はこちら

データ入力のことならお任せください

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

宝くじからわたしへ

わたしは看護婦をしています。
とにかく人の世話をすることが大好きなわたしはついつい自分の勤務以

葉っぱ

僕の贈った宝くじが

ぼくは一人旅に行くのが大好きです。
旅行から帰ってくるとなんだか人間としてひとつ大きくなったよ

ほほえむ女性

わたしから彼へ宝くじで温泉旅行

わたしには2年間付き合っている彼がいます。
とにかく温泉が好きなひとで秘湯なんて雑誌に紹介して

髪を掻き上げる女性

家族でわくわく、宝くじ

わたしの家はとにかく兄弟が多いです。
部屋で宿題をやったり、好きなテレビを見てのんびりしたりす